Galaxy Lab

スマートフォン IT モバイルなどのニュースや活用情報

Galaxy Tab アプリケーション ユーティリティ

Galaxy Tabでフルスクリーン表示されないアプリをフルスクリーン表示する

2011/04/03

Galaxy Tabは非常に広い画面で快適なので漫画ビューアに使えるかなと思っていたのですが。

どうせならiPadとデータを共有したいのでzipで固めたjpegファイルを読めるのは無いかなと思って探してみたところ「Droid comic viewer」というものを見つけました。
しかし、この漫画ビューアはどうやらGalaxyTabではフルスクリーンでは表示されないようです。

なんとかならないかと思って調べてみたところ「Spare Parts」というアプリケーションがあることを知りました。

こちらはこのようにフルスクリーン表示されないアプリをなんとかフルスクリーンで表示してくれるアプリ。

「Spare Parts」をアンドロイドマーケットでダウンロードして導入します。

実行して起動します。
「Spare Parts」自体もフルスクリーン表示されていないのでわかりやすいです。

操作には少し特別な手順が必要なようです。
画面を下にスクロールして「Compatibility Mode」のチェックを、外す→付けると操作します。

その後戻るボタンで設定画面を抜け出し、電源長押しで端末の電源を切り、再起動します。

その後、もう一度「Spare Parts」を起動し「Compatibility Mode」のチェックを外します。
再度戻るで設定画面を抜け、電源長押しで端末の電源を切り、再起動します。

これでフルスクリーンで表示されるようになりました。

これで色々なアプリを便利に使えるようになりました。

-Galaxy Tab, アプリケーション, ユーティリティ
-